アリビオさくら

居宅介護支援事業所さくら

居宅介護支援事業所とは

ご契約者が在宅での介護サービスを受ける為に必要な「要介護認定」の申請代行や居宅サービス計画書(ケアプラン)の作成を依頼する際の窓口となります。また、その他の保健医療サービスや福祉サービスなど、総合的なサービスの提供が適切に受けられるよう、介護支援専門員がその調整役を担います。

  • 会議の様子

    ●居宅介護支援事業会議の様子

  • 事業所内の様子

    ●居宅介護支援事業所内の様子

サービス内容

・要介護認定申請の代行及びその他介護保険に関わる手続きの代行業務
・在宅介護、在宅生活に関する相談援助
・居宅サービス計画(ケアプラン)の作成
・介護サービス提供事業者や医療機関との連絡・調整

利用料金

居宅介護支援に関するサービス利用料金は、保険者から相当料金が給付されますので、ご契約者の自己負担はありません。
※但し、ご契約者の介護保険料の滞納等により、保険者からのサービス利用料金相当額の給付を受けることができない場合は、実費相当額の支払いが必要となります。

ご利用までの流れ

まずは当事業所までご連絡・ご相談下さい。
担当の介護支援専門員を決定します。
担当介護支援専門員がご契約者のご家庭を訪問し、心身の状況・生活環境等を調査させていただき、在宅生活を送る上で必要な介護サービス、保健医療サービスが適切に提供されるよう、居宅サービス計画書(ケアプラン)を作成します。

居宅サービス計画作成の流れ

担当者の決定

担当の介護支援専門員が介護サービスを利用するための居宅サービス計画書(ケアプラン)に係る業務を担当します。

課題の把握

介護支援専門員がご契約者宅を訪問し、心身の状況や生活環境などを把握する。

生活に対するご意向の把握

居宅サービス計画作成(ケアプラン)の開始にあたり、地域サービス提供事業所の種類や特性・利用料金などの情報提供を行い、ご契約者及びそのご家族と共に自立支援に資するサービスを検討します。

計画作成

課題やご意向の把握をもとに、介護支援専門員と一緒に生活目標を定めます。利用するサービスの種類や回数を決めて計画を作成した上で、サービス利用の手続きを行います。

サービス利用開始

サービス提供事業所と契約し、居宅サービス計画書(ケアプラン)に基づいて、サービス利用が開始となります。

アリビオさくら施設のご案内

 
  

アリビオさくらコンテンツ

サブコンテンツ

特定施設入居者生活介護「アリビオさくら」空室状況

0 室/定員51室中

更新日:2018.05.03現在

グループホーム「共生」空室状況

0 室/定員9室中

更新日:2017.09.25現在